代表理事の久禮義継が「スモールM&Aの教科書」を出版

代表理事の久禮義継が、新書「スモールM&Aの教科書」「スモールM&Aの教科書」を2019年9月3日出版致しました。

本書は久禮の掲げる2つの大義、「スモールM&A市場の健全な発展」と「大廃業時代への挑戦状」を体現したものであり、またその内容はM&Aテック協会の活動とも符号するものであります(第7章において「M&Aテック」の可能性について触れています)。

詳細は以下リンク先のプレスリリースにてご確認ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000048471.html

【目次】
1章    本格的なスモールM&A時代の到来
2章    スモールM&A概論
3章    スモールM&Aの要諦(FA編)
4章    スモールM&Aの要諦(売買当事者編)
5章    スモールM&Aの要諦(買主編)
6章    スモールM&Aの要諦(売主編)
7章    スモールM&Aのさまざまな可能性

【書籍情報】
タイトル:「スモールM&Aの教科書 〜売買当事者が安心して取り組める実務知識〜」
著 者: 久禮 義継
出版社: 中央経済社
発売日: 2019年9月3日
定 価: 3,888円(税込)
仕 様: A5判/336頁
ISBN: 978-4-502-31451-3
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/450231451X
その他、各ネットストア、全国の書店などでお買い求めいただけます。